特別P_center .fw
サービス案内

サービス案内

業 務

内 容

報酬料金

有料相談

企業再生のご相談
税務に関するセカンド・オピニオン
事業承継のご相談
企業経営全般に関するご相談

10分1,000円(税込)
10分1,000円(税込)
10分1,000円(税込)
10分1,000円(税込)

企業再生支援

企業再生支援
中小企業向け特別プログラム

個別見積
個別見積もり

決算書診断

決算書診断

100,000円(税別)

決算書の簡易診断

30,000円(税別)

事業計画の作成

事業計画の作成

200,000円(税別)~

利益計画・資金計画の作成

100,000円(税別)~

デューデリジェンス

デューデリジェンス(資産査定)

500,000円(税別)~

企業価値評価

企業価値評価・事業価値評価

500,000円(税別)~

決算サポート

決算サポート

個別見積

税務顧問

税務顧問
セカンド・オピニオンのご相談

月額50,000円(税別)~
10分1,000円(税込)

事業承継・相続対策

事業承継のご相談
相続税シミュレーション
相続対策プランの立案・実行

10分1,000円(税込)
500,000円(税別)~
個別見積

最新情報

2015年7月1日
講演・講師
日商簿記検定講座の講師をしています。
代表の川島が、リクルートの資格サプリにおいて、日商簿記講座の工業簿記の講師を担当しました。 資格サプリでは、スマホやPCで、簿記の講義と答練が受けられます。 1コマ15分以内ですので、通勤時間など短い時間で学習できます。・・・
2015年6月25日
ニュース
ホームページ更新
企業再生のご相談など、ページを追加・更新しました。 今後も、当サイトのページを充実して、企業再生を目指す会社のお役に立てる情報を提供していきます。
2015年6月12日
相談会
東京商工会議所の税務相談(無料)のご案内
本日13時-16時まで、東京商工会議所 において、税務の無料相談を川島が担当してきました。 次回の相談日は、7月14日(金)13時-16時となっております。予約制となっています。 ので、東京商工会議所 窓口専門相談 (0・・・
2015年5月29日
ニュース
ホームページリリース
新しくホームページをリリースしました。これからコンテンツを充実していきます。ご期待ください。

お伝えしたいこと

企業再生を実現するために一番大事なこと

企業再生をするために必要なこと、一番大事なことは何でしょうか?

それは、営業キャッシュフロー(営業CF)をプラスにすること です。

会社の資金繰りは、人間の血流と同じ

それでは、なぜ営業CFをプラスにしなければならないのでしょうか。

それは、会社の資金繰りは、人間の血流と同じだからです。
人は、全身に血液を循環させることで生きています。
一方、会社は、売上を回収した資金を、給料の支払い、仕入先への支払い、経費の支払いなどに充て、資金を循環させることで存続します。万が一、資金がショートすれば、企業は存続できません。

企業再生の手法だけでは、会社は再建できない。

企業再生には様々な手法があります。
たとえば、
①債務免除
②スポンサーによる増資・貸付
③デット・エクイティ・スワップ(DES)
④会社更生法、民事再生法などの法的スキーム
⑤中小企業再生支援協議会などの支援に基づく再生
などがあります。
この他にも、企業再生の制度がたくさん整備されました。

しかし、上記のような企業再生手法だけでは、会社は再建できません。
なぜなら、これら企業再生手法(テクニック)を駆使しても、資金循環が止まってしまえば、企業は存続できないからです。

営業CFがプラスでなければ、債務免除もスポンサー支援も受けられない。

実は、営業CFがプラスでなければ、そもそも銀行もスポンサーも協力してくれません。
なぜなら、仮に債務免除や資金注入をしても、営業CFがプラスでなければ、いずれ資金ショートするからです。

営業CFをプラスにしようとする自主再建の気持ちがあってこそ、企業再生できる。

したがって、営業CFをプラスにするところまでは、会社が自力でしなければならないのです。

しかし、会社を再建しようとする場合に、企業再生の手法に頼ろうという経営者、再生コンサルタントがとても多い気がします。
また、自力で営業CFをプラスにするサポートをしてくれる会計事務所(公認会計士・税理士)は、とても少ないと感じています。

川島公認会計士事務所は、営業CFをプラスにする力になります。

そこで、川島公認会計士事務所では、自主再建の志を持ち、営業CFをプラスにしようとする経営者を支援します

自主再建(営業CFをプラス)にできれば、様々な企業再生手法を選択することができます

これにより、会社再建の可能性が飛躍的に高まります

▲このページの先頭へ